K・リゾレシチンの開発秘話を簡単にまとめたものです。
レシチンをなぜ低分子化したのか?
細胞が喜ぶためにするためにしたこと!!
複合栄養素が入れた結果!!
などをご紹介しています。

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s.jpg

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s.jpg

021fb4bd99d8808530baf0a03b4a62d4_s.jpg

d8367915226688a3ae090f6251a13143_s.jpg

レシチンとは

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s.jpgレシチンは、80年以上も前から、高脂血症や肝臓病改善薬として販売されていたものですが、化学物質ではないため、医薬品に比べると即効性に乏しく、現代人のニーズに乗り切れなかったようです。医薬品として販売されたレシチンは、ほとんど顆粒タイプのものでした。しかし、この顆粒タイプのレシチンでは、即効性に乏しいので、体内への吸収を早め、少量でより効果を高めるために開発されたものがリゾレシチンです。これは大豆から抽出したエキスをさらに酵素分解し低分子化したもので、一般にリゾレシチンと言われているものです。

リゾレシチンとは(低分子レシチン)

83v83i83v83x.jpg従来型のレシチンと酵素分解リゾレシチン(低分子レシチン)とは成分の化学構造式の一部が異なっています。
レシチンを摂取しても腸から血管に取り込まれるものは低分子化されたものだけです。リゾレシチン(低分子レシチン)は分子量を従来の1000から、500~300位まで下げました。当然のことながら、低分子化されたリゾレシチン(低分子レシチン)は消化吸収力が従来型レシチンに比べ、はるかに即効的になりました。

K・リゾレシチンとは

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_s.jpgレシチン、リゾレシチン(低分子レシチン)に比べ、K・リゾレシチンはリゾレシチン(低分子レシチン)に各種ビタミンや特殊栄養素を加えることにより、摂取後わずか10分~15分ほどで「血液脳関門」を透過し、脳神経細胞に吸収されて、脳内ホルモンの分泌促進やバランスをとることに成功したのです。日本国内および米国の大学による臨床試験と、ラット等による動物試験報告によって得られています。

・脳波(アルファ波)を増幅して精神を安定させる。
・残留農薬や食品添加物などの化学物質によって起こる脳神経細胞に対する機能障害を緩和、もしくは有害物質を排除し、機能回復および安定させる。
・記憶力を高め、学習能力を向上させる。
・各種の脳内ホルモンの分泌を促進し、調整する。
・脳神経細胞を活性化し、脳の委縮を抑制する。
・ストレスを緩和し、頭脳の疲労を回復する


sign.png

contents_border_ft.png



K・リゾレシチン商品が健康雑誌で紹介されました!

ゆほびか
~心も体も健康になる暮らし方~
2017年8月号

特別対談
ぐっすり眠れて物忘れも軽減?!第一線で働く女性同士のスペシャルトーク
先生!うつ対策だけじゃない
「K・リゾレシチン」のチカラについて教えてください!

417083.jpg



K・リゾレシチン商品が健康雑誌で紹介されました!

ゆほびか
~心も体も健康になる暮らし方~
2016年7月号
うつ、イライラ、不安の治療に取り入れて着実な成果をあげている

416073.jpg



K・リゾレシチン商品が健康雑誌で紹介されました!

壮快
~健康雑誌のパイオニア~
2016年5月号(500号記念)
※3月16日発売

壮快.jpg



K・リゾレシチン商品が健康雑誌で紹介されました!

ゆほびか
~心も体も健康になる暮らし方~
2015年9月号

健脳フード「K・リゾレシチン」で認知症やパーキンソン病の症状も続々と改善している

415093.jpg




K・リゾレシチン商品が健康雑誌で紹介されました!

ゆほびか
~心も体も健康になる暮らし方~
2015年8月号

傷んだ神経をすみやかに修復する脳の栄養「K・リゾレシチン」をうつ病の治療に導入して確かな手応えを得ている

415083.jpg